目次 記事 タックスヘイブン国内のメリット


属人主義・属地主義

タックスヘイブン国内のメリット

タックスヘイブンの問題点

富裕層の節税

サラリーマンのタックスヘイブン





タックスヘイブンは税金が低かったり
無税になっている国や地域です。
そのほとんどが観光資源に頼っている場合が多く
自国の産業を持たない小さな国ですがほとんどなのですが
税収がない(少ない)のになぜ国を運営して行けるのでしょう

元々タックスヘイブンでは税収は多くありません
税率をさげたり、無税にしても
税収そのものに大差が無いのです。


法人税を下げて海外の企業誘致に成功すれば
雇用が発生し、所得税や相続税が無ければ
資産を持った富裕層が移住してきます、
そうすれば高級品を中心に消費が刺激され
資産課税を無くせば、資金が集まり
多くの金融機関が進出して来ることになります。

減税を行っているとはいえ
タックスヘイブン国内で得た所得に対しては
所得税、法人税がかかりますし、
出資企業や金融機関からは登録料などの手数料を徴収しています
実質的な国家の税収として増やす事が出来ます。


資源が乏しく自国では限られた税収しか見込めない国にとっては
自国の税収入よりも、減税や無税にした結果見込まれる
資産や雇用の方がはるかに大きな利益になるという訳です。


タックスヘイブンの国は大きなメリットを受ける事が出来ますが
企業や資産が流出してしまった国の税収入は減る事となり、
更にタックスヘイブン周辺の国や地域の財政や社会にも
影響を与えてしまう事になります。


Copyright (C) 2013 タックスヘブン~税金0円!?~ All rights reserved.