目次 記事 富裕層の節税


属人主義・属地主義

タックスヘイブン国内のメリット

タックスヘイブンの問題点

富裕層の節税

サラリーマンのタックスヘイブン





タックスヘイブンを利用して節税するには
いくつかの条件をクリアし負ければなりません。

例え居住していなくても、日本国籍で日本に住民票をがある場合は
基本的に日本で納税義務が生じます。
タックスヘイブンの国へ住民票を移してし
さらに年間の半分以上をその国で居住していれば
日本にで納税する義務はありません。

住民票を海外に移せば
名目上は日本に納税する義務はないですが
住民票だけを移し、日本で居住していると脱税行為になります。
(古典的な行為なのですぐに税務署にばれますが)

タックスヘイブンの国に移住していても
不動産の家賃収入やインターネットなどを使って
日本国内で所得を得た場合は日本で納税しなければなりません。
日本で課税されないのは、日本以外で得た収入に対してのみです。

一般人がタックスヘイブンを利用して節税するのは難しいでしょう
利子や配当、資産の取り崩しで生活している富裕層でなければ
この方法で節税する事は出来ないでしょう。


しかし、富裕層の場合タックスヘイブンですら
納税しない方法をとる人も少なくありません。
ミュージシャンや音楽家、ゼザイナーなど、
世界的に活躍する場がある場合、日本に在住する必要がありません。
3ヶ国以上の国の在住し、
その国で納税義務が生じる前に別の国に移動
するのです。

所得税や住民税だけでなく、贈与税、相続税など
各国で納税義務が生じない期間だけ過ごすことで
税金のコストをかけずに生きる人は
「PT(パーペチュアル・トラベラー)」と呼ばれていて
「永遠の旅行者」という意味だそうです。


・・・貧富の格差は広がるように出来ているのでしょうか?


Copyright (C) 2013 タックスヘブン~税金0円!?~ All rights reserved.