目次 記事 サラリーマンのタックスヘイブン


属人主義・属地主義

タックスヘイブン国内のメリット

タックスヘイブンの問題点

富裕層の節税

サラリーマンのタックスヘイブン





個人でタックスヘイブンの恩恵を受けられるのは
利子や配当、資産の取り崩しで生活している富裕層でないと
難しいと思いますが、サラリーマンにもそのチャンスはあります。

サラリーマンが定年を迎えると退職金を受け取ります。
老後の生活を支える大事な資金源になるものですが
退職金にも所得税がかかります。
一時金払いで受け取るか、分割払いで受け取るかによって
税額が変わって行きますし、
退職金には所得税の他にも住民税がかかります
セカンドライフの計画を立てるのにも
退職金にかかる税金が気になるところです。

考えるイメージ


そこで、税金を払いたくないのであれば、
退職後 タックスヘイブンに住居を移す方法があります。

定年後の暮らしでは所得税もかからないから
タックスヘイブンに行く必要はないと思う人もいるでしょうけれど
タックスヘイブンは住民税や社会保険料も安い所が多いのです。
もちろん物価も日本より安いです。
住居を移せば、国外で得た所得は
日本に納税する必要もありませんので
退職金をタックスヘイブンの国に預け
利子や配当を受け取っても税金はかかりません。


住民税は前年の所得によって額が変わりますので
退職金を受け取った翌年の住民税は結構な額になってしまいます。
タックスヘイブンに海外移住をするならば
定年退職1年目に移住すると良いですね。
日本からそんなに遠くない香港やシンガポールなどにも
事実上タックスヘイブン(軽課税国)があります。


Copyright (C) 2013 タックスヘブン~税金0円!?~ All rights reserved.