目次 記事 タックスヘイブンの問題点


属人主義・属地主義

タックスヘイブン国内のメリット

タックスヘイブンの問題点

富裕層の節税

サラリーマンのタックスヘイブン





タックスヘイブンの国や地域では
所得税や法人税を大幅に軽減しする税制上優遇措置をとり
企業や富裕層の投資を誘致するといった政策で
外貨を獲得しています。

企業や富裕層には魅力的な事ですが
先進諸国からすれば、
本来は自国の国庫に納められるはずの物が
タックスヘイヴンの国に流れて行ってしまう為
非常に危険な存在になっています。

タックスヘイブン国家が増えて来たために
自国企業の流出を防ぎたい先進著国は 法人税率を下始め
世界中で法人税の値下げ競争が起こりました。
しかし法人税を下げるという事は、
下げた分だけ国庫に納められる財源が減ってしまう事です。
それを補う為に所得税を上げようとすれば
富裕層は企業同様、住居地を
タックスヘイブンに移してしまう事になってしまいます。

タックスへイブンは産業を持たない小国にとって
生き残る有効手段ですが
世界中で富裕層の優遇を促進する結果を招いています。
結局先進諸国では、消費税などの取りやすい税金を上げる事で
国庫の財源を保つ事になっています。


お金の画像



Copyright (C) 2013 タックスヘブン~税金0円!?~ All rights reserved.