目次 記事 タックス・ヘイブン


属人主義・属地主義

タックスヘイブン国内のメリット

タックスヘイブンの問題点

富裕層の節税

サラリーマンのタックスヘイブン





タックス・ヘイブンとは、日本語では『租税避難地』と訳されるもので
別名、「オフショア」とも呼ばれます。
外国資本や外貨獲得のために
外国に籍を置く個人や法人に対して
意図的に税金を低くしたり、 無税にしている国や地域の事です。


タックスヘブンを行っている国や地域は
そのほとんどが自国の産業を持たない小さな国で
何もしなければ衰退してしまう弱小国です。

ヨーロッッパ諸国を中心に日本やアメリカを含めた
34ヶ国の先進国が加盟している
OECD(経済協力開発機構では、 タックスヘイブンの定義を
金融・サービス等の活動で生じる所得に対して
無税、又は名目的にしか課税していない。
他国と実効的な情報交換を行っていない。
税制や税務執行の透明性が欠如している。
誘致される金融・サービス等の活動を
自国において実質的な活動がなされている事を要求していない。
と、してタックスヘイブンの認定しています。

モナコ公国、サンマリノ共和国、バミューダ諸島、
バハマ、ドバイ(アラブ首長国連邦)、バーレーンなどが
タックスヘイブンを行っています。

砂浜の画像


日本の租税特別処置法では、明確な定義をしていませんが
法人税の実効節税率が25%以下になる国や地域を
事実上タックスヘイブン(軽課税国)
と認定しています。
香港、マカオやシンガポールなどが
実質上タックスヘイブン地域になります。


Copyright (C) 2013 タックスヘブン~税金0円!?~ All rights reserved.